モデルハウス
フォトギャラリー

ダークな色合いの落ち着く空間

  • 濃いめの色合いの床材に合わせ、ホワイトを基調にクロスコーディネートを行っています。シンプルで落ち着きある雰囲気。

    濃いめの色合いの床材に合わせ、ホワイトを基調にクロスコーディネートを行っています。シンプルで落ち着きある雰囲気。

  • TVボード側には床材と同系色のアクセントクロスを使用。部屋にワンポイントアクセントと統一感を演出しています。

    TVボード側には床材と同系色のアクセントクロスを使用。部屋にワンポイントアクセントと統一感を演出しています。

  • 造り付TVボードを設置。小物もディスプレイできて大変便利です。

    造り付TVボードを設置。小物もディスプレイできて大変便利です。

  • 広いLDKはそれぞれが程よい距離感で並立するように配置されています。家族同士のコミュニケーションの妨げにならないような作りは、注文住宅の際には特におすすめです。

    広いLDKはそれぞれが程よい距離感で並立するように配置されています。家族同士のコミュニケーションの妨げにならないような作りは、注文住宅の際には特におすすめです。

  • 対面式キッチンを採用しています。料理配膳のしやすさはもちろん、お子様のリビング学習でも活躍してくれそうな配置です。

    対面式キッチンを採用しています。料理配膳のしやすさはもちろん、お子様のリビング学習でも活躍してくれそうな配置です。

  • キッチン前方に造り付け家具などは設置せず、キッチンからLDKをスッキリ広く見渡せます。オイルガードも<br />
耐熱ガラス製で、向こう側が見渡せるので、小さいお子様がいる世帯にはとても安心できます。

    キッチン前方に造り付け家具などは設置せず、キッチンからLDKをスッキリ広く見渡せます。オイルガードも
    耐熱ガラス製で、向こう側が見渡せるので、小さいお子様がいる世帯にはとても安心できます。

  • キッチンはIHコンロ、食洗器、浄水器付きの丸商建設標準装備ぼ高グレードキッチン。キャビネットも多くあり嬉しいところ。

    キッチンはIHコンロ、食洗器、浄水器付きの丸商建設標準装備ぼ高グレードキッチン。キャビネットも多くあり嬉しいところ。

  • LDKに隣接するよう間取りされた和室スペースは、セカンドリビングやお昼寝場所など多目的に活躍してくれる便利な場所です。

    LDKに隣接するよう間取りされた和室スペースは、セカンドリビングやお昼寝場所など多目的に活躍してくれる便利な場所です。

  • 廊下のデッドスペースを利用して、作り付け棚を設置しています。注文住宅では生活の要所要所に設置したいところ。ぜひ参考にしてみて。

    廊下のデッドスペースを利用して、作り付け棚を設置しています。注文住宅では生活の要所要所に設置したいところ。ぜひ参考にしてみて。

  • 廊下のちょっとしたスペースにも飾り棚を設置しています。クロスだけではなくこういったものも、家をお洒落に飾るコツ。注文住宅を建てる際には参考にしたいところです。

    廊下のちょっとしたスペースにも飾り棚を設置しています。クロスだけではなくこういったものも、家をお洒落に飾るコツ。注文住宅を建てる際には参考にしたいところです。

  • シンプルコーディネートの主寝室。ベッドサイドに造り付け飾り棚が来るように設計しています。スマホを置いたりするのにも使えそう。写真左奥には造り付ミセスカウンターも用意しています。

    シンプルコーディネートの主寝室。ベッドサイドに造り付け飾り棚が来るように設計しています。スマホを置いたりするのにも使えそう。写真左奥には造り付ミセスカウンターも用意しています。

  • 主寝室奥にはウォークインタイプのクローゼットを設置。奥行きもあり洋服以外のものを収納するスペースでも使えそう。

    主寝室奥にはウォークインタイプのクローゼットを設置。奥行きもあり洋服以外のものを収納するスペースでも使えそう。

  • 子供部屋にも大き目のクロークを設置しています。収納はあればあるほど助かるもの。注文住宅を考える際にはしっかり考えていきましょう。

    子供部屋にも大き目のクロークを設置しています。収納はあればあるほど助かるもの。注文住宅を考える際にはしっかり考えていきましょう。

  • 濃いめの色合いの床材に合わせ、ホワイトを基調にクロスコーディネートを行っています。シンプルで落ち着きある雰囲気。
  • TVボード側には床材と同系色のアクセントクロスを使用。部屋にワンポイントアクセントと統一感を演出しています。
  • 造り付TVボードを設置。小物もディスプレイできて大変便利です。
  • 広いLDKはそれぞれが程よい距離感で並立するように配置されています。家族同士のコミュニケーションの妨げにならないような作りは、注文住宅の際には特におすすめです。
  • 対面式キッチンを採用しています。料理配膳のしやすさはもちろん、お子様のリビング学習でも活躍してくれそうな配置です。
  • キッチン前方に造り付け家具などは設置せず、キッチンからLDKをスッキリ広く見渡せます。オイルガードも<br />
耐熱ガラス製で、向こう側が見渡せるので、小さいお子様がいる世帯にはとても安心できます。
  • キッチンはIHコンロ、食洗器、浄水器付きの丸商建設標準装備ぼ高グレードキッチン。キャビネットも多くあり嬉しいところ。
  • LDKに隣接するよう間取りされた和室スペースは、セカンドリビングやお昼寝場所など多目的に活躍してくれる便利な場所です。
  • 廊下のデッドスペースを利用して、作り付け棚を設置しています。注文住宅では生活の要所要所に設置したいところ。ぜひ参考にしてみて。
  • 廊下のちょっとしたスペースにも飾り棚を設置しています。クロスだけではなくこういったものも、家をお洒落に飾るコツ。注文住宅を建てる際には参考にしたいところです。
  • シンプルコーディネートの主寝室。ベッドサイドに造り付け飾り棚が来るように設計しています。スマホを置いたりするのにも使えそう。写真左奥には造り付ミセスカウンターも用意しています。
  • 主寝室奥にはウォークインタイプのクローゼットを設置。奥行きもあり洋服以外のものを収納するスペースでも使えそう。
  • 子供部屋にも大き目のクロークを設置しています。収納はあればあるほど助かるもの。注文住宅を考える際にはしっかり考えていきましょう。

ダークグレーでシンボリックな外観のこの2階建は、4LDKファミリータイプの間取りで設計されています。
まず玄関を入ると左手に大き目サイズのウォークインシューズクロークがあります。家族が多くなる、大きくなるにつれて靴箱は溢れかえってしまうもの。大き目サイズを設置しておくと安心ですし、ウォークインタイプにしておけば、空いたスペースに部活道具やアウトドア、園芸道具など家の中には入れ辛いものもおいて置けるようになりそう。

さて、玄関を抜けるとすぐに広いLDK+和室スペースが見えてきます。ホワイトのクロスを基調にダークな床材とアクセントクロスでコーディネートされたLDKは、リビング、ダイニング、キッチンが一直線に並ぶI字型の間取りを採用しています。I字型の大きなメリットと言えば、一直線に並んでいますので、部屋の対角線が大きくなり、その分奥行き感がでて、部屋を広く見せることができるというところです。注文住宅でも良く採用される間取りですので、一度はチェックしておきたいところです。また、I字型LDKに加えて、このモデルハウスではLDKに隣接させた和室スペースを用意しています。なぜ隣接させたのかというと、リビングに近い場所あれば、一度に多くの来客があった際には、リビング+和室で接客できる(セカンドリビングで使用できる)、キッチンから見える位置に配置すれば、小さなお子様を和室で寝かしつけたうえで、様子をみながら料理などを行える、などなど多くのメリットがあるからです。注文住宅を建てる際は、もちろん和室でなくても良いですが、このLDKに隣接させるもう一部屋は、是非参考にして頂きたい間取りです。

このほか、廊下部分のデッドスペースを利用した造り付棚、家の中を飾る造り付ニッチなど、注文住宅の参考になるポイントを数多く用意しています。
ぜひ一度ご来場ください!