ブログ

密着取材:お客様のマイホームが完成するまで M様邸編 その⓵

2020年06月10日

実際の建築完成までの流れレポートする「マイホームができるまで」
今回はM様にご協力をいただきました。家できるまでをレポートしてまいります。

マイホームをこれから建てたいと思っている方に、
家ができるまでの流れを紹介してまいります。

まずは地鎮祭。

地鎮祭とは、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の守護神を祀り、土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式です。また、工事の無事を祈る安全祈願祭と呼ばれることもあります。

 

そして着工開始。基礎工事です。


家づくりは「土台が大切」と言いますが、この土台にあたるのが基礎であり、基礎の強度によって住まいの耐震性や耐久性は大きく変わってきます。

ベタ基礎とは、立ち上がっている部分と床一面を、鉄筋を入れたコンクリートで一体化して、大きな面で家の重みを支える工法です。面で支えたほうが荷重を分散できるので、布基礎より耐震性が高いのが特徴です。阪神淡路大震災以降から普及しはじめ、今では多くの住宅で採用されている方式です。

 

次は建て方です。建て方とは、家の主な構造となる材料を組み上げることを指します。土台の据え付け、柱と梁を組む、屋根部分の一番高いところにある棟木(むなぎ)を上げるところまでを含みます。

主要構造材が組みあがると、建て方は完了、このタイミングを「上棟」と呼び、このあと上棟式(棟上式)を行います。

これからどんどん家が建っていく様子をレポートしていきます。お楽しみに。