お知らせブログ(日南店)

新築を建てたい!注文住宅のメリットとは?

2022年01月26日

「注文住宅の購入を考えている」「注文住宅のメリットを詳しく知りたい」
この記事をご覧の方の中には、このような方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は新築をお考えの方に向け、注文住宅のメリットをご紹介。

□注文住宅とは?

注文住宅とは、土地を購入してから、あるいはすでに持っている土地に、自由に設計して建てる新築住宅のこと。

注文住宅と言っても、間取りから細部に至るまですべてを自分たちで決められる「フルオーダー」と、ある程度の仕様は決まっていて、間取りや設備などは用意された複数のパターンの中から自分たちで選ぶ「セミオーダー」の2種類があります(弊社のように間取りは自分たちで考えられる会社も多くあります)。

フルオーダーの場合、使う木材や断熱材、窓の種類、住宅設備のメーカー選択など、家を建てるのに必要な建材などをほぼ全て選択していきます。完璧な理想の家を建てられることがメリットですが、細部にまでこだわることができる分、予算オーバーになってしまったり、打ち合わせに時間がかかりすぎてしまって資金計画が立てづらいというデメリットも。

一方、間取りはあらかじめいくつかのパターンが用意されていたり(弊社のように、間取りは自分たちで考えられる会社も多くあります)、キッチンやトイレなどの設備は特定のメーカーの商品の中から選んで決めていくセミオーダーの場合、フルオーダー程ではありませんが、自分に合った間取りや建材を選べ、基盤のプランで大体の金額が分かるので、資金計画が立てやすく、フルオーダーより比較的コストを抑えることも可能です。ハウスメーカーや工務店などで注文住宅を建てる場合、ほとんどがセミオーダーとなります。ただし、施工会社によって決められる範囲は異なってきます。

さきにセミオーダーは、比較的にコストを抑えられるとお話しましたが、私たち丸商建設ではこのセミオーダーのメリットを最大限にできるよう、徹底したコストカットを行っています。
詳しくは、下記の動画をごらんくださいね。

そして、間取りはもちろん、クロスコーディネート、住宅設備など、家づくりに関わる一つひとつを打合せをして決めていきます。それぞれのご家族に合ったオリジナルな家づくりを実現していきます。

 

□注文住宅のメリットを紹介します!

注文住宅のメリットを3つ紹介します。

 

*満足度の高い家がつくれる

1つ目はやはり最大のメリットともいえる完全自分好みの、世界に1つだけの住まいが建てられることです。注文住宅は、自分の好みのデザインやライフスタイルに合わせて自由に設計できるので、自分のこだわりをすべて盛り込んだ満足度の高い家がつくれます。

 

*メリハリのあるオーダーができる

注文住宅では、こだわりが薄いものや不要な部分はコストカットできます。例えば、こだわりたい部分はお金や検討時間を多めに費やして、不要な部分はグレードダウンするなど、メリハリのあるオーダーができます。

 

*建築プロセスをチェックできる

家が建つプロセスを実際に自分の目で確かめられるのも大きなメリットです。実際に現場へ訪れて自分の目で見ることで、安心感に繋がります。現場の職人さんと家について話す機会もあるので、細やかな対応も取りやすいです。

 

□まとめ

この記事では、注文住宅のメリットについて解説しました。
注文住宅は、メリハリのあるオーダーで満足度の高い家をつくれる点がメリットです。
当社は宮崎県を中心に注文住宅の依頼を承っております。
県内各地でモデルハウスを展示しておりますので、いつでも見学にいらしてくださいね。

モデルハウス見学イベントはこちら

担当店舗: 宮崎店  宮崎北店  日南店  都城店  小林店  日向店  延岡店  

カテゴリ: 注文住宅の豆知識  

【イベント情報】1/29・30は県内各地で「家づくり相談&モデルハウス見学会」開催!!

2022年01月26日

■■■1/29・30は県内各地で「住まいづくり無料相談会」開催!!■■■

1/29・30に、「住まいづくり無料相談会」を開催します^^
注文住宅をお考えの皆様におススメの展示会イベントですので是非ご参加ください。
分譲販売を行っているモデルハウスもございますので、お急ぎのかたはお見逃しなく!
平日での相談もご予約いただければ承っています。
お気軽お問い合わせください。!!

モデルハウス見学は、一組ずつご案内しておりますので、混雑する場合がございます。
ぜひ、事前予約の上お越しくださいませ。

寒い日が続きますが、断熱性が高く暖かい家づくりの、丸商建設のモデルハウスを見にいらしてください(^_^)/
イベント会場はコチラ

皆さまのご来場
心よりお待ちしております。





担当店舗: 宮崎店  宮崎北店  日南店  都城店  小林店  日向店  延岡店  

カテゴリ: イベント情報  

高気密高断熱の注文住宅を建てたい方へ!

2022年01月19日

みなさんは高気密高断熱住宅をご存じでしょうか。
最近は「高気密」や「高断熱」というワードを耳にする機会が多く、注目度が高くなっていると言えます。
そこで今回はそんな高気密高断熱住宅の魅力を解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

□注文住宅をお考えの方必読!高気密高断熱住宅の魅力とは?
高気密高断熱住宅の魅力は主に以下の3つです。

・光熱費を削減できる
・ヒートショックのリスクを減らせる
・一年中快適に暮らせる

1つ目のメリットは光熱費を削減できることです。
高気密高断熱住宅は、室内の空気を外に漏れにくくして室内と室外の温度差を維持します。これによって冷暖房効率が向上し、必要以上に冷暖房を使用する必要がなくなるため、光熱費の削減につながります。
そんな小さなことでと思われる方もいるかもしれませんが、この効果は家が老朽化するまで続きますので、「節約できたお金×日数」の計算になり、35年間で200万円近くという試算をされていいる業者もある程です。節約できて暮らしやすいのであれば必ず考えておきたいポイントですね。

2つ目のメリットはヒートショックのリスクを減らせることです。
ヒートショック現象は室内の部屋の温度差によって引き起こされます。
暖かい部屋から寒い部屋に移動する際に血圧が乱高下し、脈拍が変動した結果、発症するのです。しかし、高気密高断熱住宅では部屋ごとの温度差が小さくなります。いつまでも健康的に暮らしたいという方にオススメしたい住まいです。

3つ目のメリットは一年中快適に暮らせることです。
先程も申し上げたように、この住宅は外気の影響を受けにくくなっています。それによって夏は涼しく、冬は暖かい空間を実現でき、いつでも快適に暮らせます。

注意点
暖房器具に制限がかかる点は注意しましょう。
例えば、石油ストーブは使用中に一酸化炭素が発生し、高気密高断熱住宅はそれを外に逃しません。健康に害を与える可能性が高いため、暖房器具はエアコンなどが相応しいとされます。
また、断熱を良くしようと、過度に性能を上げたりということも、費用面も含めたトータルバランスから見ておススメはできません。宮崎県は日本国内でも比較的気温が低温になりづらい地域です。私たちの住むそんな宮崎県で、北海道などの雪が降り続く地域くらいの断熱性能を検討しても、その効果のすべてを発揮することは稀有に近いものとなるでしょう。また、性能を上げればもちろん住宅も高額になってしまい、めったに使わないものを高いお金で購入してしまうような感覚となってしまいかねません。ご自身にとって「十分な断熱」はどんなものかを頭に入れて考えましょう。

□まとめ
今回は高気密高断熱住宅の魅力と注意点をご紹介しました。
この住宅がコスト面や健康面に優れていることをご理解いただけたでしょうか。当社は宮崎県を中心に注文住宅の依頼を承っております。
今回ご紹介したような高気密高断熱住宅は県内各地にあるモデルハウスで体験できますので、いつでも見学にいらしてくださいね。


モデルハウス見学イベントはコチラ

担当店舗: 宮崎店  宮崎北店  日南店  都城店  小林店  日向店  延岡店  

カテゴリ: 注文住宅の豆知識  

【イベント情報】1/22・23は県内各地で「家づくり相談&モデルハウス見学会」開催!!

2022年01月17日

■■■1/22・23は県内各地で「新春、家づくり相談会」開催!!■■■

1/22・23に、「新春、家づくり相談会」を開催します^^
注文住宅をお考えの皆様におススメの展示会イベントですので是非ご参加ください。
分譲販売を行っているモデルハウスもございますので、お急ぎのかたはお見逃しなく!
平日での相談もご予約いただければ承っています。
お気軽お問い合わせください。!!

モデルハウス見学は、一組ずつご案内しておりますので、混雑する場合がございます。
ぜひ、事前予約の上お越しくださいませ。

寒い日が続きますが、断熱性が高く暖かい家づくりの、丸商建設のモデルハウスを見にいらしてください(^_^)/
イベント会場はコチラ

皆さまのご来場
心よりお待ちしております。





担当店舗: 宮崎店  宮崎北店  日南店  都城店  小林店  日向店  延岡店  

カテゴリ: イベント情報  

注文住宅の間取りの決め方とは?

2022年01月14日

注文住宅はこだわりを反映しやすく、自由度が高いことがメリットですよね。しかし、理想ばかりが膨らんでしまい、予算オーバーになったり、かえって使いにくい間取りになったりするなどの失敗が起きる可能性もあります。そこで今回は、注文住宅の購入を検討している方に向けて、間取りを決める際のポイントをご紹介します。

間取りを考える前に知っておくべきこととは?

まずは、間取りを考える前に知っておくべきことを3つご紹介します。

1つ目は、建築基準法について。


家づくりを進める上で、法律や規制について知っておく必要があり、中でも特に重要なのが建築基準法です。建ぺい率や容積率によって、その土地に対してどれほどの建物が建てられるのかが決められているため、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。良い土地があっても理想としていた広さより小さく建てないといけなくなってしまったり、中には調整区域といって、広く良い土地であっても条件を満たさないと建築できない場合もあります。弊社スタッフももちろん把握しておりますので、相談会にて詳しくお話させて頂いております。

2つ目は、流行りの間取りにある盲点。


間取りには、洋服などと同じようにその時々によって流行りがあります。大々的に取り上げられている流行りの間取りは、魅力的に見えるかもしれませんが、しっかりとデメリットも考慮した上で決めることが大切です。一般的に家は長い年月、住むために建築します。長年ということは、年月とともに家族構成や生活様式も変化していきます。変化する分、はじめは良いと思っていたものが、段々生活に合わなくなったりするため、メリットと思っていたところの感覚が薄れてきたりします。インスタなどのSNSや、豪勢なモデルハウスでは、流行りの間取りや作りをよく見受けますが、それが自分に本当にあったものなのかは、10年、20年後のことも想像して、十分に検討していくことが大事です。メリットだけでなくデメリットもしっかりと把握しましょう。

3つ目は、考えることは家の中だけではないということ。


家の中のことだけを考えて間取りを決めると失敗してしまう可能性が高いでしょう。駐車場と玄関、隣の家との位置関係なども非常に重要であるため、家の外も含めて間取りを決めることが大切です。せっかく新築に住み始めたのに、いきなりご近所トラブルなんてことは絶対に避けたいところです。ご自身の土地なので自由にはできますが、ある程度のご近所への配慮も、入居後のことを考えて検討しましょう。

間取りを決める際のポイントをご紹介!?

次に、間取りを決める際のポイントをご紹介します。

*優先順位や生活動線を意識する



せっかく家づくりをするのであれば、できるだけ家族の希望を反映させたいですよね。しかし、全ての意見を取り入れることは難しいため、あらかじめ優先順位を決めておくことが重要です。また、生活動線を考えながら間取りを決めることで、便利かつ快適な間取りになるでしょう。

*土地の形や周辺環境



その土地が面している道路や方角などを考慮して間取りを考えることも重要になります。例えば、人通りが多い道路に面しているのであれば、プライバシーに配慮した間取りにするといった工夫ができます。

*ゾーニング



ゾーニングとは、間取りを用途や機能ごとに分けて決めることです。ゾーニングは、土地全体のゾーニングと住居部分のゾーニングの大きく2つに分けられます。土地全体のゾーニングでは、どの部分に建物、庭、駐車場にするのかを決め、住居部分のゾーニングでは、住宅内での動きを考慮してそれぞれの部屋の位置を決めていきます。

□まとめ

今回は、注文住宅の購入を検討している方に向けて、間取りを決める際のポイントをご紹介しました。自由度が高い注文住宅だからこそ、あらかじめしっかりとポイントを押さえて間取りを決めることが重要です。私たち丸商建設の相談会でも、お客様のお話を伺いながらポイントを抑えたプラン作りを行っています。「いろんな希望があります!」という方も「特にこだわりはないんだけどな~」というに方も、ご納得いただけるプランを用意いたしますので、ぜひ一度ご相談ください!

モデルハウス見学会情報はこちら

担当店舗: 宮崎店  宮崎北店  日南店  都城店  小林店  日向店  延岡店  

カテゴリ: 注文住宅の豆知識