ブログ

【はじめての注文住宅講座】資金計画について解説!

2022年02月01日

注文住宅の資金計画にお悩みではありませんか。
家づくりは人生でも1、2を争うくらい大きな買い物。
ご自身と家族にとってベストな買い物になるように、しっかり悩んで決めていきましょう!!

とはいえ、
「予算はどれくらいが良いのだろう」
「ローンはどれだけ借りるべきか」
夢の注文住宅での生活は楽しみですが、資金計画については不安でいっぱいだと思います。
そこで今回は、注文住宅での資金計画について解説します。
宮崎県で注文住宅をご検討中の方は必見ですよ。

□注文住宅の資金計画を立てる上で大切な考え方とは
資金計画を立てることは、注文住宅を建てる上で非常に重要なことで、注文住宅を考える時の軸になることでもあります。
それでは、「建てたい家の金額を確認してから資金計画を考える」「用意できる金額を確認してから資金計画を練る」では、
どちらが成功しやすいでしょうか?

答えは、後者の「用意できる金額を確認してから資金計画を練る」です。
なぜなら、後者の方が無理のない資金計画を立てられるからです。
確かに、前者の方がより自由度の高い、憧れの詰まった注文住宅を建てられるかもしれません。
しかし、無理な返済計画の金額で住宅ローンを組んでしまう可能性が高まります。

理想の住宅は手に入れられるかもしれませんが、
余裕のある暮らしはできない可能性があるということです。そのため、用意できる金額の範囲内で考えられる後者の方が、無理のない暮らしをしていけそうです。

□4つのステップで注文住宅の資金計画を立てましょう

1つ目のステップでは、
「家づくりにかかる費用を理解しましょう」
注文住宅を建てるために必要な費用は、工事費だけではありません。
まずはそれらの費用を詳しく知り、理解しておきましょう。
この辺りは、見学相談会でも詳しくお答えしています。意外な盲点で、なかなかの金額になりますので大体の金額感は持っておくようにしましょう!
かかると思っていなかったところに、お金がかかることが後で分かると、ショックも大きいですので、事前に把握しておきましょう。

2つ目のステップでは、
「ライフプランを考えましょう」
人生と住宅ローンは家を建てた後も続きます。
その途中で、今は頑張れば返済できると思っていた金額も、子供の学費や、突発的な収入の減少などで難しくなることもあるでしょう。
予算から逆算せずに、これからのライフイベントで必要な出費を見通しましょう。

タイミングや出費の大きさを確認しておくことで、余裕を持った住宅ローンの支払額を決めやすくなります。
無理は短期的には乗り越えられても、長期になってしまうと、自身の体や家族関係を悪くしかねません。
家族と自分のために、しっかり考えて計画を立てましょう。

3つ目のステップでは、
「毎月の返済可能額を確認しましょう」
現在のお住まいでかかっている家賃や収入を考慮して、安全に支払える金額を決めます。
先程考えたライフプランを考慮することも忘れないでくださいね。
この時、「安全に支払える金額にすることが非常に重要」。です。
予想外の出来事があっても対応できる金額に設定しましょう。

4つ目のステップでは、
「理想の家を想像しましょう」
前のステップで考えた金額を元に、建てられる注文住宅を考えましょう。もちろんご家族だけでは家の金額は分からないと思いますので、弊社スタッフが全面サポートします。
ご予算によっては、残念ながら理想の全て叶えられない時もあります。あらかじめ家族で話し合って、「これだけは譲れない!」といった「理想」に優先順位をつけておきましょう。

□まとめ
今回は、注文住宅の資金計画について解説しました。
資金計画において大切なのは、初めに用意できる金額をキチンと考えることです。
安心できる返済額を予め自分達(家族)が把握していることはとても大事なこと。
家のつくりはもちろん、返済も含めて、ご家族全員が末永く幸せに生活できるよう考えております。
宮崎県に注文住宅をご検討中の方で、資金計画に不安がある方は一度当社にお問い合わせください。
一緒に幸せな家づくりをしましょう!全力でサポートさせていただきます!

他にも、注文住宅のことについて色んなテーマでお話しています。下の画像をタップすれば一覧できますので、是非チェックしてください!

相談会、見学会も開催していますので、ぜひそちらにもお越しください!

カテゴリ: はじめての注文住宅講座