ブログ

宮崎の部屋の「寒さ」は全国3位!!!!!

2019年11月12日

朝夕が冷え込んできて、上着が必要な時期がやってきました。
北海道では氷点下もあるらしく、、、
まさか11月初旬にと、わたしたち宮崎県民には信じられないところです。。

さて、寒くなってきますと、どうしても室内の温度が気になってきますね。
今回はその話を、、、

突然ですが、みなさん宮崎の室内気温(寒さ)について
宮崎県は朝起きた時の室温がワースト3位だそうです(;´・ω・)

ひなた県の宮崎がまさかと、私自身初めて聞いたかなり時に驚きました。
宮崎県は平均9.4℃だそうです。
ちなみに、北海道は16.4℃。。。( ゚Д゚)
7℃も差があるそうです。
みなさんの常識が覆るくらいの結果なのではないでしょうか。

詳しい理由を考察すると、ポイントは「断熱」だそうです。
つまり、北海道の家は断熱効果が高いということ。

どのような工夫をされているのかというと、
第一に、家全体の気密度を高めること(熱を逃がさないように)
第二に、二重構造の窓ガラスを使用していることだそうです。

ただ、湿度も気候も違う地域で同じことをしてしまうと
もちろん不都合、不具合が出てきます。

そこで、丸商建設では、宮崎に合わせた、
すぐにでもできるサッシ・ガラスを使った断熱設備を標準使用しています。

「遮熱高断熱型Low-E複層ガラス」
名前からしてガッチリガードしてくれそうですが、
具体的にはガラスに特殊金属膜加工(Low-E膜)を施して外気をシャットアウトするガラスです。
夏場は、家の内より外が厚いため、強い日差しをカット、
冬場は、家の内より外が寒いため、冷気をカットしてくれます。

「半樹脂サッシ」
初めて聞く方には、なんのことやらと言う感じですが、
ほとんどの場合、窓のサッシはアルミでできています。
アルミ素材は軽く加工しやすいのが特徴ですが、合わせて熱伝導効率が高いという特徴もあります。
このため、夏は、外の熱を家の中へ伝えてしまい、冬は外に熱を逃がしてしまいます。。
そこで、熱伝導効率の低い「樹脂」を構造内に加えて作ったサッシを「半樹脂サッシ」といいます。

さらに、熱をシャットアウトしていくので、
冬場の結露防止、サッシの防カビ対策にもなる優れものです。
そして、断熱したぶん、光熱費も下がって全てにエコな暮らしが手に入ります。

ちなみに、窓を南向きに、、、という方、沢山いらっしゃると思います。
ただ、冬はあったかいけど夏は蒸し風呂のように、、、、と不安もあると思います。
ここでもこの窓ガラスとサッシが大大大活躍してくれます!

丸商建設ではこの2つの設備を、住宅の標準装備として提供しています。
モデルハウスにも勿論のごとく装備されてますので、
これから寒くなる季節に、ぜひ御一見ください!!!

少しでも宮崎の冬が暖かくなれば、、、、そして夏が快適になれば、、、、

担当店舗: 宮崎店  宮崎北店  日南店  都城店  小林店  日向店  延岡店  

カテゴリ: 丸商アルバム