ブログ

密着取材:お客様のマイホームが完成するまで その⓶

2020年02月20日

こんにちは。

前回の取材に引き続き、マイホームが完成するまでを取材してまいりました!

さっそくですが、前回紹介しました地鎮祭が終わると、いよいよ着工開始。

まず一番初めに行う工程は、何よりも大事なだいじな基礎作りから。
家の土台にある部分でもあるので、慎重に丁寧に工程を積み上げていきます。

丸商建設では、いくつかある基礎の工法の中でも、強い基礎がつくれる「ベタ基礎」というものをほとんどの建築で採用しています。
ベタ基礎とは、立ち上がっている部分と床一面を、鉄筋を入れたコンクリートで一体化して、大きな面で家の重みを支えます。
面で支えたほうが荷重を分散できるので耐震性が高く、床下の地面をすべて厚いコンクリートで覆うので、湿気が建物に伝わりにくくなります。
そのため湿気による住宅の木材の腐食等の心配も減り、さらにコンクリートも厚いのでシロアリによる被害も防ぎやすくなります。
皆様に安心して住んでいただくため、しっかりとした工法で建築しております。

さて、建築工程に戻りまして、建設予定地を写真のように綺麗に整地したら、、、

基礎の元になる骨組みを作っていきます。

この時に、鉄筋のピッチ(間隔・本数)や設計図とのズレがないかなど細かな点に至るまで、検査資格を持った工務担当が、
一つずつチェックしていきます。この工程でのズレは大変なことになってしまうので、丁寧にていねいに、慎重に確認作業を行います。

慎重なチェックが終わりましたら、ここにミキサー車とクレーンを使って、


コンクリートの流し込み作業。ムラができないよう一ヶ所ずつ丁寧に作業していきます。
コンクリートは、気候(暑い、寒い)などでも、仕上がり状態が変わってきますので、
流し込み作業を行うタイミングを職人さんたちと打合せしながら決めていきます。できる限りのベストコンディションで行えるよう工程管理をしていきます。


コンクリートの流し込み完成!職人さんが丁寧に作業してくださるので、こんなに綺麗になりました^^

そして、ここからさらに作業が進んでいきます。
次は立ち上がりという工程。基礎の土台から間取りに合わせ、家を支えるうえで重要な場所(柱や壁がある場所)へコンクリートの枠を作っていきます。


ここも同じように慎重に作業を進めていきます。

数日経ってコンクリートが十分に乾くと、

とても綺麗に基礎が完成^^

丸商建設は、職人さんと工務の密なコンビネーションで丁寧に慎重に基礎工事を行っております^^

さて、次回はいよいよ基礎工事の上に建物を作っていく工程を紹介します。
お楽しみに!!!!!