ブログ(2019年11月)

和室って意外と人気?

2019年11月26日

こんにちは!

さて今日は、和室の魅力について少しだけ、、
最近の住宅では、なかなか日の目を見なくなった和室ですが、
間取りなど打ち合わせをするうちに、用意されたいと希望する方も多いようです。
どんな魅力があるのでしょうか、、、

◇魅力その⓵「多彩な使い方できる」
和室と洋室では利用の仕方、使い方に違いがあります。
洋室であればテーブルを置いてダイニングスペースにしたり、
ベッドを置いてベッドルームにしたりと、1つの部屋を1つの用途として使うことがほとんどです。
しかし、和室の場合は座卓や布団などを使うので、
その都度の目的に合わせて1つの部屋を色々な用途として使うことができます。
客間として自宅に友達などを泊めてあげることもできますし、
アイロンがけや洗濯物を片付ける時など、
特別な時にも日常的なことにも様々なかたちで使えるとても便利な部屋です。

◇魅力その⓶「弾力性と吸音性」
和室と言えば畳敷きが一般的ですが、畳という床材の中には空気が多く含まれているので
フローリングなど他の床材と比べると、弾力性があり、音を吸収してくれる防音効果も発揮してくれます。
子どもが小さいうちは、子どもがバタバタと遊びまわって音が響いたり、
走り回ってこけて頭をぶつけてしまったり心配する方も多いと思いますが、
子どもの遊び場所に畳のある和室を取り入れてみるのも1つの方法です。


白い壁に少し小さめの窓を付けて、しっぽり感を演出

◇魅力その⓷「収納性」
和室をリビングなどの隣に配置する時に、段差をつけた小上がりタイプを取り入れる住宅も少なくありません。
そのメリットは、何と言っても畳の下に段差分の収納スペースを設けられることです。
小上がりを利用して、畳の下の空間を収納スペースとして有効活用しています。
また、和室の壁部分のほとんどを引戸にして大容量の収納スペースにする住宅も多くあります。
リビングからは区切られたエリアですので、いろんな大きさのものを収納できそうです。


アクセントをつけた床の間が印象的です

◇魅力その⓸「湿度の調整」
木材がふんだんに使われる和室。木材には空気中の湿気を吸収・排出する機能があり、
自然に部屋の湿度の調湿を行ってくれます。
他にも、和室に使われる畳や土壁なども同様の調湿機能を持っているので、
夏は湿気が多く、冬は空気が乾燥しがちな日本の気候に適した造りとなっている部屋です。


刺激的な組み合わせですが、畳の色にも種類があります



リビング横に間取りをすると、親が見える環境がつくれるので、子供も遊びやすいかも^^

意外と多い和室の魅力、
4LDKファミリータイプの住宅なら、一室悩んでみるのもいいかもしれませんね^^

丸商建設のモデルハウスにも和室を用意しております。
それぞれのモデルハウスでそれぞれの魅力がありますが、
ぜひ一度お近くのモデルハウスで魅力をお確かめください!

担当店舗: 宮崎店  宮崎北店  日南店  都城店  小林店  日向店  延岡店  

カテゴリ: 丸商アルバム  

丸商建設カップ「赤ちゃんダッシュ」

2019年11月25日

こんにちは!
毎週土曜日にMRTで放送される「つづくさんの土曜だよ」へお邪魔してまいりました!
この番組内で、「丸商建設カップ 赤ちゃんダッシュ」というイベントを、私たち丸商建設がコーナー提供しております。
今回はそちらの取材をさせていただきました。

参加されたお子様みんな、かわいくてかわいくて^^
一生懸命パパ・ママのもとへダッシュする姿を見て、
私たちも元気を頂きました!

お子様のいる家庭で、マイホームを建てるということは
「お子様の実家づくり」ということに繋がると、私たちは考えております。
これからも、
元気良い子供がすくすくと育つような、
家に帰ったら安心するような、
家族の会話が弾むような
そんな家づくりをしていきたいと思います!!!

写真は今回出場されたご家族のお写真です^^
みなさんステキなご家族でした(^^♪

今日も良い家作りを目指して頑張ります!!!

担当店舗: 宮崎店  宮崎北店  日南店  都城店  小林店  日向店  延岡店  

カテゴリ: 丸商アルバム  

天井って色々あるんです その①

2019年11月19日

こんにちは!
朝はもう寒くなって、日当たりのよい場所が恋しい今日この頃です。

さて、住宅で「日当たりを重視したい場所」といえば、やっぱりリビングですよね。
間取りの顔?心臓部?ともいえるこの場所は、みなさん色々と検討して決めてらっしゃいます。
今日はその中でも、「天井」についてご紹介いたします。

一括りに天井といっても、
・フラット天井(いわゆる一般的な天井)
・梁見せ天井
・折り上げ天井
・勾配天井
などなど複数の種類があります。

今回は上記の中で、「梁みせ天井」を、、、

まずは、

その名の通り、天井部分の「梁」を隠さずに外に出すつくりです。
木材の色合いや、クロスの種類によって、リビングの印象が全く違うように変わってきます!
また、通常隠す部分を見せるので、その分の空間が広がり、リビング全体が広々と見せられます。
(宮崎店 希望ヶ丘モデル)

もう一つ、ナチュラルなデザイン。

すっきりとシンプルなデザインで、オシャレな雰囲気です^^
(宮崎北店 西都妻南団地モデル)

最後に、

コチラは扉・柱・梁の色味を合わせて、部屋全体をホワイトとダークブラウンでコーディネートしています。
(宮崎店 本郷津和田モデル)

色々なデザインを考えられるので、家を建てるのがとても楽しみになりますね!
私たちは、いつもこのようなことを、お客様と一つひとつ打合せさせていただいています。

ちなみに、この他にも色々な種類の天井を設置したモデルを用意しています!

ただし、一つだけ注意点!
建物の構造上不可能なデザインももちろんありますので、しっかり打合せさせてくださいね^^
永くながく住むマイホームですので、しっかりとした構造で建築させてください^^

丸商建設は、このように個性あるモデルハウスを多数用意しております!
家づくりを検討されている方は、まずはお近くのモデルハウスへお気軽にお越しください!
ハウスアドバイザーが住宅にまつわる色々なお話をさせていただきます!

今週の見学会情報はコチラ

担当店舗: 宮崎店  宮崎北店  日南店  都城店  小林店  日向店  延岡店  

カテゴリ: 丸商アルバム  

宮崎の部屋の「寒さ」は全国3位!!!!!

2019年11月12日

朝夕が冷え込んできて、上着が必要な時期がやってきました。
北海道では氷点下もあるらしく、、、
まさか11月初旬にと、わたしたち宮崎県民には信じられないところです。。

さて、寒くなってきますと、どうしても室内の温度が気になってきますね。
今回はその話を、、、

突然ですが、みなさん宮崎の室内気温(寒さ)について
宮崎県は朝起きた時の室温がワースト3位だそうです(;´・ω・)

ひなた県の宮崎がまさかと、私自身初めて聞いたかなり時に驚きました。
宮崎県は平均9.4℃だそうです。
ちなみに、北海道は16.4℃。。。( ゚Д゚)
7℃も差があるそうです。
みなさんの常識が覆るくらいの結果なのではないでしょうか。

詳しい理由を考察すると、ポイントは「断熱」だそうです。
つまり、北海道の家は断熱効果が高いということ。

どのような工夫をされているのかというと、
第一に、家全体の気密度を高めること(熱を逃がさないように)
第二に、二重構造の窓ガラスを使用していることだそうです。

ただ、湿度も気候も違う地域で同じことをしてしまうと
もちろん不都合、不具合が出てきます。

そこで、丸商建設では、宮崎に合わせた、
すぐにでもできるサッシ・ガラスを使った断熱設備を標準使用しています。

「遮熱高断熱型Low-E複層ガラス」
名前からしてガッチリガードしてくれそうですが、
具体的にはガラスに特殊金属膜加工(Low-E膜)を施して外気をシャットアウトするガラスです。
夏場は、家の内より外が厚いため、強い日差しをカット、
冬場は、家の内より外が寒いため、冷気をカットしてくれます。

「半樹脂サッシ」
初めて聞く方には、なんのことやらと言う感じですが、
ほとんどの場合、窓のサッシはアルミでできています。
アルミ素材は軽く加工しやすいのが特徴ですが、合わせて熱伝導効率が高いという特徴もあります。
このため、夏は、外の熱を家の中へ伝えてしまい、冬は外に熱を逃がしてしまいます。。
そこで、熱伝導効率の低い「樹脂」を構造内に加えて作ったサッシを「半樹脂サッシ」といいます。

さらに、熱をシャットアウトしていくので、
冬場の結露防止、サッシの防カビ対策にもなる優れものです。
そして、断熱したぶん、光熱費も下がって全てにエコな暮らしが手に入ります。

ちなみに、窓を南向きに、、、という方、沢山いらっしゃると思います。
ただ、冬はあったかいけど夏は蒸し風呂のように、、、、と不安もあると思います。
ここでもこの窓ガラスとサッシが大大大活躍してくれます!

丸商建設ではこの2つの設備を、住宅の標準装備として提供しています。
モデルハウスにも勿論のごとく装備されてますので、
これから寒くなる季節に、ぜひ御一見ください!!!

少しでも宮崎の冬が暖かくなれば、、、、そして夏が快適になれば、、、、

担当店舗: 宮崎店  宮崎北店  日南店  都城店  小林店  日向店  延岡店  

カテゴリ: 丸商アルバム